第13回大塚バラ祭りが13日から開催、都電沿線のバラ祭りフォトコンテストも

S_todenbara2018_1

都電大塚駅から向原駅間の都電荒川線沿線に咲くバラが見頃を迎え、「第13回大塚バラ祭り」が2018年5月13日(日)~27日(日)まで開催されます。これに合わせて、「第7回バラ祭りフォトコンテスト」も始まります。
 
■不法投棄が多かった区間に植えられていたバラ
「大塚バラ祭り」は、地域商店街や地域住民によって始まったまちづくりの取組みです。かつて都電荒川線の大塚駅から向原駅までの区間は不法投棄や違法駐輪の目立つ地域でした。そこには30年程前に植えられた約100本のバラが残っており、これらを育てることで景観の美しいまちにしようと南大塚都電沿線協議会が平成20年に発足しました。
 
毎月第3日曜日の午前9時から、街の人々がボランティアとして、バラの植樹や維持管理に取り組んでおり、現在では約700品種1,100株のバラが植えられています。毎年春と秋には見頃を迎え、訪れる人々の目を楽しませます。
 
13日(日)は10時より、大塚駅前広場「TRAMパル大塚」でオープニングセレモニーが開催され、バラ苗の即売会、境内音楽ライブ、都電グッズ販売などが開催されます。

S_todenbara2018_2
 
■フォトのテーマは「都電とバラ」
バラ祭りフォトコンテストでは、「都電とバラ」をテーマに、都電大塚駅から向原駅間の都電沿線に咲くバラの写真を公募します。応募資格は小学生以上。1名につき2作品まで応募可能で、応募締め切りは6月2日必着です。
 
また、都電荒川線では車内にバラの装飾を施した特別電車「都電バラ号」が5月2日~31日の期間限定で運行中です。16日には小池東京都知事が視察を予定しています。
 
南大塚都電沿線協議会の小山健会長は、「ボランティアの方々の努力で、バラの品種数は都内有数。今年はトランパル大塚に新たにバラを植えたことで、種類、株数も増え、ますます見応えがあります。ぜひ楽しんでください。」と話しています。

 

・開催概要

 

日時 2018年5月13日(日)~5月27日(日)

場所 都電大塚駅前停留所から向原停留所までの沿線

主催 南大塚都電沿線協議会
(HP: http://toden-rose.com/)

 

・第7回バラ祭りフォトコンテスト応募要項

 
●テーマ
「都電とバラ」

●応募資格
小学生以上の方

●サイズ
A4版のみ    

●送付先
〒 170-0005
豊島区南大塚3-51-5 HKアークビル1F 大塚接骨院

●募集期間
平成30年5月13日(日曜日)から、6月2日(土曜日)必着分まで有効。

●注意事項
作品は、未発表で、ほかのコンテストに応募していない自作品(2点まで)に限ります。撮影月日・場所・タイトル・一言コメント・住所・氏名・連絡先を明記してください。メール、フロッピー、大容量メモリー等による応募はできません。応募作品は、返却されません。

Top