「熱中症ゼロへ」×豊島区、日本気象協会と実証実験を実施

sub1

一般財団法人 日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、2018年6月13日(水)と7月24日(火)、南池袋公園のサクラテラスにて、打ち水による周囲の温度変化や気化熱による冷却の効果を検証し、解説する観測・実証実験を実施します。
 
日本気象協会は、熱中症で亡くなってしまうかたをゼロにすることを目指して、「熱中症ゼロへ」プロジェクトを2013年から推進しています。豊島区は、「熱中症ゼロへ」プロジェクトの開始初年度から協力自治体として参画し、熱中症予防・対策の啓発活動を継続して行ってきました。
 
本実験では、梅雨入り前後の時期と夏の暑さが本格化する時期の2回、一般参加者が打ち水を行い、打ち水実施前後の公園内の温度変化を温熱サーモカメラで静止画撮影します。
 
当日は、公園内のカフェで、実証の速報結果を参加者に公開。さらに、打ち水のメカニズムや、熱中症についての解説が実施されます。「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、本実験を通じて、古くから暑さ対策として行われてきた打ち水の効果を実感してもらい、熱中症予防に対する意識を持ってもらうことを目的としています。
 
本実験の結果は、後日ウェブサイトで公開されます。



「熱中症ゼロへ」ウェブサイト内「熱ゼロ研究室」
https://www.netsuzero.jp/netsu-lab

main

 

  • 開催概要
  • 開催日時 【1回目】
    2018年6月13日(水)(予備日6月19日(火))
    14:00~15:00

    【2回目】
    2018年7月24日(火)(予備日7月26日(木))
    14:00~15:00

    スケジュール 14:00-14:30
    サクラテラスにて打ち水を実施

    14:30-15:00
    カフェにて打ち水の結果、打ち水効果のメカニズム、熱中症についての解説

    参加方法 一般のかたが参加できるイベントです。事前予約は必要ありません。入場は無料です。

    URL https://www.netsuzero.jp/

    Top