無印良品池袋西武にて「STOCK展」開催のお知らせ

aaaaaaa

人と物とのつきあい方を探る企画展

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑曉)は、これからの人と物とのつきあい方を探る企画展「STOCK展」を、無印良品池袋西武に隣接するSEIBU GALLERYにて10月2日(金)から開催します。
「感じよいくらしの実現」をテーマに約6,500のアイテムを企画・販売する無印良品は、様々な角度から人の暮らし方、物のあり方を見つめてきました。今回の企画展は、その過程で生まれた「収集」と「収納」という相反するアイディアを提案しています。

 



◇展示① 気づきを、備える。
「とるにたらないもの」「ひろったもの」「つかえないもの」を、大切に集めている人がいます。ひとつだけでは価値が見えにくい物も、少しずつ集めていくと、いつかなにかの役に立つ糸口や知識となったり、その人にとってかけがえのない愛着が沸いたりします。それぞれの参加者が、いつの日にかと備えた気づきの「STOCK」から、私たちにとって何が大切なのかを考え、これからの人と物のつきあい方を探る企画展です。

・ディレクション:熊谷 彰博(デザイナー )・グラフィックデザイン:岡本 健 ・フォトグラフ:Gottingham
・参加者:Hender Scheme、大谷 猶子、織咲 誠、黒木 晃(UTRECHT)、KODAMA TOKI、小宮山 雅子、 ジャスパー=フェレット(衣服生物学研究所)、杉本 雅代、髙橋 邦実、髙橋 悠、トロッコ建築設計、永澤 萬里野、西本 良太、蓮沼 執太、林 雄司(デイリーポータルZ)、藤城 成貴、柳本 浩市、山野 英之(TAKAIYAMA inc.)、 山本 千織(chioben)、横井(父)and more…

◇展示②くらしと収納
収納とはものを整理して備蓄するだけでなく、くらしの景色を作ることでもあります。愛着のあるものを無作為に並べただけの景色も、取り出しやすく仕分けて整えた景色も、それはそれぞれの人にとっての心地良い景色です。無印良品の収納アイテムの特長や使い方をいつもよりじっくりご覧いただけるように、期間限定でスペースを広げて展示いたします。

◇「STOCK展」概要
開催期間:2015年10月2日(金)~ 19日(月)
開催時間:10:00 – 21:00 / 土・日・祝および最終日は20:00閉場
入場料:無料
会場:西武百貨店 池袋本店 別館2F SEIBU GALLERY
URL:http://www.muji.net/mt/events/event/028090.html

Top