東京初上陸 6/29~7/12 西武池袋にてチョコレートのBean to Barブランド、シャポンがいよいよ出店!元バッキンガム宮殿のお姫様専属のパティシエの技が味わえる。

d11472-232-109444-6

6/29~7/12 西武池袋地下一階 チョコレートのBean to Barブランド、シャポンが出店します!元バッキンガム宮殿のお姫様専属のパティシエ・アイスクリーム職人、パトリス・シャポンのつくるショコラブランドが、世界で日本のみのアイスクリームを発売!
 
西武池袋地下1階大時計の前にて、ポップアップショップを展開中。
 

カカオの旅人、ショコラティエ、パトリス・シャポンは、元はバッキンガム宮殿のお姫様に専属で仕えていた最高峰パティシエ・アイスクリーム職人。日々の公務に追われる忙しいお姫様の、ひと時の癒やし、そして喜びになるようなスイーツを、毎日創り続けました。
美味しさ、色使い、材料選びなどを徹底的に追求し、バッキンガム宮殿パティシエの中でも有数のトップパティシエに。
その彼が、カカオが持つ様々な魅力に衝撃を受けて、ショコラティエとしての道に専念することを決意し、創り上げたブランド。それこそがBean to Barのショコラブティック「シャポン」です。
 
バッキンガム宮殿を離れ、パリにBean to Barのショコラブティックを4店舗オープン。一般的なショコラティエ達が使う、メーカーもののクーベルチュールでは満足のいく味が表現できず、自らが求める最高の味わいを実現するために、数年の歳月をかけてシャポン専用のカカオロースターとコンチングマシン(チョコレート製造の際にココアバターを均一に行き渡らせる作業を行うための機械)を開発。長年の夢であった、完全自家焙煎カカオを使ったチョコレートを実現させました。
さらに自らもカカオ農園に頻繁に足を運び、パリにあるブティックでは、カカオの選別から焙煎などを自分で行っています。
母国フランスのショコラ界での名誉である、サロン・ド・ショコラパリのグランプリも2回受賞しているショコラブランド。

sub7 main


 

<Bean to Barとは?>
ショコラティエ自らが、カカオの買い付けや選定、焙煎、製造など全ての工程を自社の工場で行う、チョコレート製造工程の総称です。カカオ豆の状態から板チョコレートになるまでの全ての工程を自ら管理し行うことで、より高いクオリティのチョコレートを作ることができます。Bean to Barのチョコレートでは、カカオ豆本来の味がよりいっそう強く残るチョコレートとなるのです。

sub12

シャポンのチョコレートでは、カカオの産地の違いはもちろん、収穫時期、焙煎具合、カカオの配合量、コンチングの度合いなどを、カカオマニアとも呼べるほどカカオについて知り尽くしたシャポン自ら、すべてこだわって調整しています。世界中で採れる様々なカカオの特徴を存分に活かした味わいが楽しめるシャポンのショコラは、味にうるさいパリジェンヌ達からも絶大な人気を集めています。
 

< 6 / 2 9 ( 水 ) ~ 7 / 1 2 ( 火 ) 西 武 池 袋 に シ ャ ポ ン 出 店 ! >

そんなBean to Barのショコラブランドで最先端をいく「シャポン」が、6/29(水)~12(火)池袋西武にて出店しています。今回はシャポンオリジナルデザインのショコラに加え、世界でも日本でのみ販売される夏季限定アイスクリームが登場します。

main sub2
〈プレミエ7ボールズ ¥3,451〉 〈ウーソン チョコテディ ¥2,203〉

 
大好評のアイスバー
・ショコラ ノワール (ビターチョコレート)
・ショコラ レ (ミルクチョコレート)
・バッキンガムアールグレイ (アールグレイティー)
・パンプルムースフランボワーズ (フランボワーズ入りグレープフルーツ)
・オランジェキウイ (キウイ入りオレンジ)

既存の5種に加えて更に2つが新しく登場!
夏らしい爽やかな色合いのアイスを販売します。

池袋でシャポンのショコラ・アイスを味わえるのは今だけ!
 

【シャポン西武池袋店概要】
日時:6月29日(水)~7月12日(火)
場所:西武池袋 地下1階 大時計前
http://www.chocolat-chapon.com/ja/


Top