【西武池袋本店】~食のペントアップデマンド~新春味の逸品会 

sub13

 
2022年1月5日(水)~18日(火)*会期中店舗の入れ替えあり

感染予防は継続しつつ、趣味やレジャーを積極的に楽しんでいきたいというニーズに応え、「新春味の逸品会」では、多彩なテーマで店や商品をセレクト、新年ならではの楽しさや満足感を実感いただきます。

■名称:新春味の逸品会
■会期:2022年1月5日(水)~18日(火) *11日は午後6時、最終日は午後4時閉場
前半/1月5日(水)~11日(火)、後半/1月12日(水)~18日(火)
■会場:7階(南)=催事場 ■出店店舗:約70店 

 

***物産展オールスターやマニアフード、映えスィーツetc.年の初めのごちそう初め******

おうち時間にSNSで共有して楽しんできた映えスイーツ(かき氷、パフェ、モンブラン、フルーツサンドなど)が賑々しく登場。また、趣味として深めたメニュー愛に応えるラインアップ(カレー、ラーメン、肉弁当など)も展開。加えて、遠方への旅へ思いを馳せて、北海道物産展、九州物産展からの代表物産、その他エリアからの名産、B級グルメも品揃えします。年の初めに、パンデミックを乗り越える元気を「食」を通してチャージしていただく物産展です。

 

・お雑煮みたいなかき氷、5種のいちご映えパフェ

「人に伝えること」も食べる楽しみ、「味」に加えて「見た目やうんちく」のある商品をラインナップ。年間を通じて楽しまれているかき氷特集では、お正月らしい斬新なフレーバーがやってきます。栃木産のブランド苺を一度に楽しめるパフェや和栗をふんだんに使った3,000円越えのモンブランなどの贅沢スィーツや、昨年のヒット商品の進化版も登場します。

 

sub1

 

■京都/京氷菓つらら 「白みそ仕立ての京雑煮」(1杯)1,650円(後半)
白みそクリームと、ゆり根や生麩で京都らしさを演出したかき氷

 

main

 

■栃木/フルーツダイニング8010(パレット)「5種の苺 食べ比べパフェ」(1杯)2,200円(各日限定50杯)(通期)
栃木産「とちおとめ」「とちひめ」「とちあいか」「ロイヤルクイーン」「スカイベリー」の苺5種を食べ比べ

 

sub16

 

■三軒茶屋/和kitchenかんな 「ほろにが番長」(1杯)1,401円(前半)
ほろ苦い柑橘じゃばらとヨーグルトシロップが相性抜群

 



sub2

 

■京都/和栗専門 紗織「和栗の1㎜モンブランタルト~紫翠~」(1台、直径約12㎝)3,201円(通期)
渋皮栗とアーモンド香るタルトに和栗クリームを繊細にしぼりました

 

sub8

 

■≪初出店≫中央区/スィーツブレッド東京「カスタッツォ」(1個)501円(通期)
マリトッツォの進化系、しっとりブリオッシュにカスタードとあんこをサンド

 

・極めるカレー、贅沢中華蕎麦、肉肉づくし弁当

 おうち時間で進んだマニア化、こだわりに応えるラインアップを取り揃えます。4000 軒以上のカレー店を渡り歩き、カレーを知り尽くした「カレー細胞」さんこと松宏彰さんがすすめるカレーや、紅ズワイガニの絶品スープを使った贅沢中華蕎麦。牛たん好き御用達の仙台の老舗精肉店や、仕入れにこだわり抜く精肉卸直営店の肉弁当など、行列の人気店の味をお楽しみいただきます。

 

sub4

 

■千歳船橋/カルパシ 「ベンガルキーマカレー&スリランカパリップの2種あいがけ」
(1人前)1,500円(前半)
ビターなスパイスとマスタード×ココナッツがクリーミー

 

sub9

 

■京都/インディアゲート 「鰹出汁のゴボウビリヤニ牛肉載せ炙り」(1人前)1,870円 (後半)
インドの名物ご飯を和風であっさり炊き、牛肉を載せ香ばしく炙りました

 

sub3

 

■≪初出店≫神奈川/ノ貫(へちかん)「鳥取県境港産紅ズワイガニ蕎麦」(1人前)1,401円(後半)
紅ズワイガニをペーストにし、深みのあるスープに仕上げた贅沢な一杯

 

sub17

 

■千葉/中華蕎麦 とみ田 「濃厚つけ麺」(並、1杯)921円(前半)
濃厚な豚骨魚介スープともっちり自家製麺

 

sub5

 

■≪初出店≫五反田/ミート矢澤 「矢澤コンボ弁当」(1折)3,601円(通期)
黒毛和牛100%のハンバーグと自慢の内もものステーキ

 

sub10

 

■宮城/肉のいとう 「二代目ぎゅうぎゅう弁当」(1折)1,951円(前半)
牛たんとA5ランク仙台牛がご飯を覆いつくす

 

・北海道、九州、物産展オールスターズ

 2021年池袋本店で開催された物産展で行列を生んだ人気商品が登場します。

「北海道うまいもの会」から

 

sub6

 

■積丹町/海のや「波の舞」(1折)3,240円 (各日限定30折)(通期)
北海道積丹町余別で食堂を営む「海のや」。物産展でも大人気だった海鮮11種がのった豪華な海鮮弁当

 

sub11

 

■小樽/なるとや「若鳥半身揚げ」(1個)981円(通期)
鶏の半身を丸ごと揚げた、なると屋を代表する看板商品。皮はパリッと、お肉はジューシーでボリューム満点。 あっさりとした塩味で最後まで飽きが来ない逸品

 

sub19

 

■帯広/六花亭 「マルセイバターサンド」(1箱5個入)681円(通期)

 

「大九州うまいものと技紀行」から

 

sub12

 

■福岡/博多とりかわ大臣「博多とりかわ」(塩・タレ、1パック10本入)各1,620円
(各日限定各200パック)(通期)
クセが無く柔らかい首の皮を、串に巻きつけながら刺し、下焼きを重ね、仕上げに秘伝のたれで炙り焼いた、外はカリッ、中はジューシーな絶品

 

sub7

 

■熊本/菅乃屋「鮮馬刺しスライス5種セット」(カナダ産、冷凍、約290g、たれ50ml1折)2,980円
(各日限定100セット)(通期)
プロの手でカットされ、解凍するだけで、手軽に馬刺しを味わっていただけます

 

「全国味の逸品会」から

 

■三重/赤福「赤福餅」(12個入)1,100円(通期)
■三重/おわせ久㐂 「うなぎまぶし」(1折)2,484円(通期)
■大阪/大阪アメリカ村 「甲賀流たこやき」(ソースマヨネーズ、1パック10個入)582円(前半)

 

・新たな流行の兆し?アジアンフード

タピオカに続くブームが生まれるかも。初めて出会う新食感の素材を使った商品も。

 

sub13

 

■≪初出店≫吉祥寺/姫乃杏仁「杏仁豆腐」各種(1個)501円から(通期)
クリーミーながらさっぱり。プレーンタイプやフルーツをのせた華やかなものもご用意。

 

sub15

 

■兵庫/アンド アールグレイ「fortune 台湾カステラ アールグレイ」(1個)972円
(各日限定50個)(通期)
アールグレイ専門店が生地・香りにこだわりました。

 

sub14

 

■大阪/台湾豆坊「胡椒餅」(4個入)1,296円(通期)
ピリッと胡椒のきいた肉餡が決め手の夜市名物

 

sub18

 

■表参道/ナナティーアンドツツミ表参道 「もちつつみポークフロスケーキ」(4個入)1,296円(通期)
シフォンケーキや牛乳餅を豚でんぶで包んだ甘じょっぱい中華の味。

 

西武池袋本店
住所:〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
電話番号:03-3981-0111(大代表)
営業時間:10:00~21:00 *日・祝休日は~20:00(不定休)
*最新の営業時間は以下より確認ください。→ https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/topics/page/rinjikyugyo2004.html
ホームページ:https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/ 

 

 

<過去の関連記事>
【西武池袋本店】関東初開催 2022年ニューバージョン『ミッフィーzakkaフェスタ』

【西武池袋本店】「絵と言葉」~イラストレーター、キン・シオタニの世界~

【全国初開催】LOVE LOVE スヌーピー展 ~Take Care with Peanuts~

新ブランド「キツネとレモン」が全国に先駆けて西武池袋本店に登場

Top