運慶から継いだ心、慶派の技。「大佛師 松本明慶 佛像彫刻展」 開催!

不動明王

東武百貨店 池袋店は、2017年11月9日(木)から「東武百貨店 池袋店開店55周年記念 大仏師松本明慶 仏教彫刻展」を開催します。
 
1945年に京都で生まれ、運慶の流れをくむ慶派の佛師に師事。その後、平成の大佛師として、多くの寺院や人々に向け祈りの象徴となる佛像を納めてきた松本明慶氏。平成27年には開創1200年を迎えた高野山の檀上伽藍中門の修復に参画し、増長天・広目天の新造と難を逃れた持国天・多聞天の解体修復に携わりました。
 
本展では、松本氏が手がけた作品約400体の展示販売とともに、造佛の過程を写真パネルで紹介、さらに制作前の要となるひな型(縮尺原型)が展示されます。

 
■展示作品(一部)

吉祥天

吉祥天

聖観音菩薩


聖観音菩薩

地蔵菩薩(1)

地蔵菩薩(1)

出山釈迦

出山釈迦

子安観音菩薩

子安観音菩薩

不動明王

不動明王

毘沙門天

毘沙門天

達磨大師

達磨大師

孔雀明王

孔雀明王


 
■松本明慶(まつもと みょうけい)氏 プロフィール
1945年京都生まれ。京佛師・野崎宗慶師に弟子入り。京都府文化功労章、京都市文化功労章、京都新聞文化功労章、和歌山県文化功労章、等受賞多数。平成3年「大佛師」の号を拝命。木造では世界最大級の大佛をはじめ19体の大佛を造佛。全国各地の寺院に納佛。現在40人の弟子を育成中。

平成27年には高野山において、江戸時代に焼失した檀上伽藍中門復興を拝命。今回本展では、四天王の制作の写真パネルや制作前に作ったひな型(縮尺原型)を特別に展示。平成の大事業とそのプロセスをじっくりご覧いただけます。

 
■開催概要
展覧会名:池袋店 開店55周年記念 大佛師 松本明慶 佛像彫刻展
会 期:2017年11月9日(木)~11月14日(火)
会 場:東武百貨店 池袋店 8F 催事場(豊島区西池袋 1-1 -25)
時 間:午前10時~午後8時 *最終日は午後 5 時閉場 *入場は閉場の30分前まで。
料 金:一般 800円(税込) *高校生以下無料 *障がい者とその介護者1名は無料(要手帖)


Top