こども食堂サミット2018、2月4日(日)に開催

NO IMAGE

年に1度、こども食堂の運営者、スタッフ・ボランティア、支援者、行政関係者などが一堂に会するイベント「こども食堂サミット」が、今年も開催されます。
 
■全国に広がる「こども食堂」
こども食堂は、「子どもが1人でも安心して利用できる無料もしくは低額の食堂」。2012年に、東京都・大田区の「気まぐれ八百屋 だんだん」の店主・近藤博子さんによって名づけられました。2015年ごろから全国に広がり、現在では500ヵ所を超え、1000軒に迫る勢いで増えています。
 
■さらにパワーアップするために
こども食堂サミットは、2015年1月にNPO法人「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」が始め、2016年からは「こども食堂ネットワーク」と共催で、としまセンタースクエアにて開催しています。4回目となる今年も、こども食堂の運営者が中心になり、こども食堂がさらにパワーアップするために何が必要なのかを、講演とディスカッション、ワークショップを通じて語り合います。



 

・開催概要

 

日時 2018年2月4日(日)14時~16時30分
※16時30分~17時30分まで同じ会場で参加自由の懇親会の予定

会場 豊島区役所内「としまセンタースクエア」
南池袋2-45-1・豊島区役所本庁舎1階
https://www.city.toshima.lg.jp/chosha/1f.html

参加者 こども食堂の運営者、ボランティア、支援者など200名程度

参加費 無料

申込サイト https://goo.gl/forms/O5edNhYQvuhPS2vg2

内容 こども食堂が、2018年、さらにパワーアップして継続するために、今後必要になってくるテーマを5つほど取り上げます。

(現在のところ、「行政、社協、学校などを含めた『地域』との連携強化」「フードバンクなど外部の支援団体との連携強化」「ひとり親など困難を抱えた方のサポート力向上」「万が一のための『保険』など、安心・安全面の向上」「県単位、市区町村単位での中間支援組織の充実」の予定)

そのうえで、以下のとおり全体を2部で構成する予定です。

【第1部】(14:00~15:10) 
各テーマについて、発表者の全体プレゼンテーション(講演スタイル)

【第2部】(15:20~16:30) 
各テーマ(5つ)にわかれ、発表者+20~30人ほどでワークショップや車座になってのディスカッション

主催 こども食堂ネットワーク
豊島子どもWAKUWAKUネットワーク

協賛 豊島区

Top