あの「肉フェス」が池袋に上陸!絶賛開催中の「IKEBUKURO 肉グルメ祭」について色々聞いてみました!

IMG_3157

東武百貨店 池袋本店 8階催事場にて6月7日(木)〜12日(火)まで「お酒で乾杯! IKEBUKURO 肉グルメ祭」が開催されています。

 

本イベントは、累計来場者約600万人を誇るモンスターイベント「肉フェス」で人気を博した店舗や関西の行列店などが出店する、まさに「肉の祭典」。
近年の肉ブームと東武百貨店の駅直結という利便性を生かし、通勤帰りのサラリーマンやOL、さらに若者たちなど幅広い客層を対象に、お肉とお酒の最高のマリアージュを「その場で」楽しめるイベントになっています。
オススメの過ごし方は?お肉とお酒について、特にこだわったことは?「インスタ映え」するメニューは?
絶賛開催中の「お酒で乾杯!IKEBUKURO 肉グルメ祭」について、担当の方に直接お話を聞かせていただきました!


IMG_3166

今回お話を聞かせてくださったのは、東武百貨店広報部の加藤和久さん。12月まで食品の担当だったということで、お肉やお酒について語る時の熱量は相当なものです。

 

⇒ 「IKEBUKURO 肉グルメ祭」はまさに「肉」にフォーカスしたイベントですね。なぜ今回、「肉」を取り上げたのでしょうか?

まず、近年の「肉ブーム」が背景にあります。2017年4月から2018年2月までの牛肉消費量が増加しているという農林水産省のデータもあり、肉への志向は確実に高まっているといえます。それに加え、弊社でおこなっている各地方の物産展では、「肉」をキーワードにしたお弁当が必ず売り上げの上位に入るのです。そういう意味で、お肉に着目した催事を一度やってみようと思い、今回の開催に至りました。

 

11時前から盛況を呈する会場。こちらは「肉フェスエリア」

開催直後から盛況を呈する会場。こちらは「肉フェス」出店店舗が軒を連ねる「肉フェスエリア」

 

東武百貨店が独自にセレクトした名店が並ぶ「肉グルメエリア」

東武百貨店が独自にセレクトした名店が並ぶ「肉グルメエリア」



 

お肉とお酒のマリアージュが楽しめる「お酒エリア」

お肉とお酒のマリアージュが楽しめる「お酒エリア」

 

⇒ 会場が3つのエリアに分かれているんですね。

はい。今回の「肉グルメ祭」では3つのテーマを設けさせていただきました。イチオシの門崎熟成肉格之進さん、飲めるハンバーグさんなど「肉フェス」の大人気店が集結した「肉フェスエリア」が中心となり、さらにバイヤーが厳選した「肉グルメエリア」を設けることで、幅広い年齢層のお客様に楽しんでいただけるようになっています。また、これはひとつの思いなのですが、お肉と相性がいいのはお酒です。ビールを中心に、日本酒、赤ワインといったお肉によく合うお酒をセレクトした「お酒エリア」もご用意いたしましたので、ぜひ厨房で焼いたばかりの熱々のお肉をその場で、入れたてのビールと一緒に楽しんでいただきたいと思います!

 

会場の各所には「レストエリア」が設けられ、熱々のお肉をその場で堪能することができる

加藤氏が「本イベントの特徴」と語る「レストエリア」。会場各所にテーブルと椅子が設けられ、焼きたてのお肉をその場で堪能することができる

 

⇒ お酒とお肉のマッチングについて、特にこだわったポイントはありますか?

相性という部分で特にこだわったお酒は色々セレクトされていますが、私としてはやはりビールだと思いますね。注目は淡路島生まれのクラフトビールで、レモン風味のさっぱりとした味わいが特徴です。肉料理に赤ワインという鉄則はありますが、口の中を洗い流してくれるような炭酸ビールや微発泡性の冷酒はお肉との相性が抜群なんですね。この「お酒エリア」にはビールを中心に、そういったお酒が幅広くセレクトされています。

 

島の海の音を聴かせて発酵・熟成させたという「あわぢビール」。

島の海の音を聴かせて発酵・熟成させたという「あわぢビール」

 

あわぢビールの他にも、厳選された世界各国のビールが揃えられている

他にも、厳選された世界各国のビールが揃えられている

 

⇒ 「肉グルメ祭」オススメの過ごし方は?

朝、昼、晩でも違いますけどね(笑)。ですがやはり私どもとしましては、ぜひレストエリアで、焼きたてのお肉を入れたてのビールと一緒に楽しんでいただきたい。会場にはアイスクリーム、お団子などのスイーツのお店も入っておりますので、お子様連れの方にもきっとご満足いただけると思っております。肉=オトナの料理というイメージですが、三世帯を含めたニューファミリーのお客様にも楽しんでいただける環境は整えていますし、会場から屋上(スカイデッキ広場)にすぐに出ることができるのも利点だと思います。

 

⇒ 今回、「肉フェス」さんと連携するということで、SNS慣れした若い世代がたくさん来場すると思いますが、「インスタ映え」するメニューや注目ポイントはありますか?

シェフズ ミチさんの北海道産国産牛漫画肉弁当」は、『はじめ人間ギャートルズ』に出てくるようなお肉が入っています。小さいけど、もう本当のマンガ肉(笑)。あとは門崎熟成肉格之進さん、飲めるハンバーグさんの実演厨房で見られるようなあふれる肉汁、この肉汁感というのはフェスを通じての注目ポイントかもしれないですね。

 

シェフズ ミチ「北海道産国産牛漫画肉弁当」(1,080円)

シェフズ ミチ「北海道産国産牛漫画肉弁当」

 

門崎熟成肉格之進の実演厨房。その場で焼きあがる様子を見物できる

門崎熟成肉格之進の実演厨房。その場で焼きあがる様子を見物できる

 

実演厨房で焼きあがるハンバーグ。あふれる肉汁が食欲をそそる

実演厨房で焼きあがる「飲めるハンバーグ」。あふれる肉汁が食欲をそそる

 

⇒ この「肉グルメ祭」を通じて、今後のお客さんの流れに期待することはありますか?

SNSについては今後も強化していきたいと考えていますので、「かわいい」「すごい」という部分をぜひお客様に撮っていただきたいと思っています。「肉フェス」さんと組むことで従来は取引していなかったブランドさんに入っていただいてますので、それで新しいお客さまをお呼びできるというのが大きいですね。そういう意味で、今回の催事は東武百貨店にとっても大きな「チャレンジ」だと思っています!

 

⇒ 最後に、加藤さんの個人的なオススメを教えてください!

定番になりますが、地ビールとミディアムレアのお肉。例えば、門崎熟成肉格之進さんの熟成ステーキに発泡酒という組み合わせですね。絶対にミディアムレアがいい。肉の旨味が出ますから。あとは、551 HORAIさんの点心と吟醸酒の香りのあまり強くないものが合うと思います。実は私、利き酒師の資格を持っているんですよ(笑)。肉汁系のお肉は、炭酸もいいのですが、吟醸酒の香りが抑え目のものであれば洗い流してくれますから、肉の味わいを深く堪能できると思います。特に今回は私たちのようなサラリーマン層にもたくさんご来場いただきたいので、お酒と肉との相性、お肉を使ったお惣菜や、脂を使った唐揚げのような料理との相性。そういうものをぜひ推していきたいと考えています。もちろんワインも一通りそろえておりますから、ぜひ奥さまや恋人を連れて楽しんでいってほしいですね。

 

百貨店の催事では1日約17万個の豚まんを売りあげるという大阪の名店【551 HORAI】。開店直後からすでに大行列ができていた

百貨店の催事では1日約17万個の豚まんを売りあげるという大阪の名店【551 HORAI】。開店直後からすでに大行列ができていた

 

会場には夫婦連れやカップルの姿も目立つ。気軽に試食できるので、時間をかけて名店を訪ね歩こう

会場には夫婦やカップルの姿も目立つ。気軽に試食もできるので、時間をかけて名店を訪ね歩こう

 

開催初日から大盛況の「お酒で乾杯! IKEBUKURO 肉グルメ祭」。各国の物産展を精力的に開催してきた東武百貨店ですが、意外にも「肉」にフォーカスするイベントは今回が初めてとのこと。
「池袋に集う人たちは、すべてお客さまです」と語ってくださった加藤さん。若い人に人気の「肉フェス」と組んで新たな展開を見せる本催事ですが、会場には老若男女すべての人たちが楽しめる心遣いがあふれています。

開催期間は6月7日(木)〜12日(火)まで。ぜひ足を運んで、お酒とお肉の最高のマリアージュを堪能してみてはいかがでしょうか?

 

開催概要

タイトル     : 「酒で乾杯! IKEBUKURO 肉グルメ祭」

開催日時      : 2018年6月7日(木)〜12日(火)

10:00−20:00(最終日は18:00閉場)

開催場所     : 東武百貨店 池袋本店 8階催事場(2,3番地)

ホームページ   : http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/1518

 

Top