公民連携・池袋ショッピングパークと実践的女性起業家支援

NO IMAGE

~豊島区「サクラーヌbiz応援プロジェクト」から巣立った女性起業家が自慢の商品をPR~

 

1月18日(金)から21日(月)までの4日間、豊島区の女性起業家が池袋駅直結のショッピングセンター「池袋ショッピングパーク(以下ISP)」に出店し、自社商品の販売・PRを行う。今回の出店イベントは、豊島区とISPが4月に締結した「FFパートナーシップ協定」に基づき実現したもので、集客力のあるISPが出店場所を提供し、女性起業家の活躍を後押しする。
豊島区は、「わたしらしく、暮らせるまち。」をコンセプトに掲げ、女性起業家を重点的に支援する「サクラーヌbiz応援プロジェクト」に平成27年度から取り組んでいる。当プロジェクトを担う「としまビジネスサポートセンター」はこれまで、女性起業支援に特化した相談員の設置、セミナーや交流会の開催など、起業ノウハウの提供のほか、起業家間の交流サポートも行ってきた。こうした取り組みにより、当センターを利用する女性の起業家や起業志望者が年々増加し、現在は利用者のうち約3人に1人を女性が占めるまでとなった。
一方、利用者の中には売上の見込みが立たず事業化に踏み切れない女性も多く、「女性起業家が腕試しをすることができる実践的機会」を提供することが豊島区の起業支援における課題の一つであった。ISPの協力で実現した今回の出店イベントは、公民連携によりこうした課題を解決し、起業支援サービスを強化する区内初の取り組みである。
出店者は、「としまビジネスサポートセンター」の女性利用者・セミナー参加者の中から希望者を募り、ISPの審査により4社が選ばれた。2社ずつ前後半の2日間交代で出店し、こだわりのパンやお菓子、アロマ等のグッズを販売する。出店者は「多くの人が集まる注目度の高い場所で商品を販売することができ、顧客の生の声を聴くことでさらに商品やサービスをブラッシュアップする絶好のチャンスだ。」と意気込む。また、ISPの担当者は「豊島区で起業する女性にご出店いただけることは、地域に根ざした企業である弊社にとって魅力的なこと。地元企業どうしの交流も深められれば。」と話す。この機会に、豊島区の女性起業家たちのパワーと、自慢の商品に触れてみてはいかがだろうか。



 

【イベント概要】
「豊島区×ISP FFパートナーシップ協定事業 サクラーヌbiz ISPチャレンジ出店」
◆日時 平成31年1月18日(金)~21日(月) 午前10時から午後7時まで
◆場所 池袋ショッピングパーク南館特設会場(南池袋1-29-1)

 

【FFパートナーシップ協定について】
「FFパートナーシップ協定」とは、Female/Family Friendly(女性/ファミリーにやさしい)の略で、子育て支援、健康増進、働き方改革、防災など分野ごとに行っていた様々な公民連携・協働を包括する形で、パートナーシップ協定を企業や大学と締結するもの。住みやすく、働きやすい、誰もが自分らしく暮らせるまちを目指し、区と企業がお互いの強みを活かしたノウハウやリソースを活用する取り組み。

 

【としまビジネスサポートセンターについて】
平成22年に官民協働の中小企業支援センターとしてオープン。地元事業者の経営課題を、ビジネスコーディネーターや創業・金融相談員、社会保険労務士、税理士など各種の専門家がワンストップでサポートする。無料相談窓口のほか、融資のあっせん、セミナーや勉強会、その他イベント等も多数開催し、地域経済の活性化に取り組んでいる。

 


Top