【池袋東武百貨店】第2回 肉グルメ祭&アジアンフードを体験してきました!

0627_IMG_0546

0627_IMG_0654

東武百貨店 池袋本店では、2019年6月27日(木)から7月2日(火)まで、8階催事場にて、「第2回 肉グルメ祭&アジアンフード」が開催されています。

本イベントは、昨年の「お酒で乾杯!IKEBUKURO 肉グルメ祭り」の第2弾で、昨年以上の盛り上がりが期待されます。
今回は、その様子をお伝えするとともに、担当の方にイベントへの想い、おすすめのメニュー、満足できる楽しみ方を、お店の方へは料理についての質問をいくつかお聞きしてきましたので、紹介します。

 

まずは、今回のイベントについて、担当の方にお話を伺いしました。

お話を聞かせてくださったのは、東武百貨店催事部物産担当の神田陽平さんです。

0627_IMG_0650

 

第2回肉グルメ祭&アジアンフードの、前回の「お酒で乾杯!IKEBUKURO 肉グルメ祭り」と異なるところは、どんなところなんでしょうか?

前回は、肉フェスとして肉関連のものだけにフォーカスを当てた催事だったのですが、今回はそれにプラスして、今流行のアジアンフードも取り揃えることで、若いお客様にもアジア好きの方にも楽しんでもらおうという狙いがあります。
また、前回は、世間で流行っている肉フェスの運営会社とタッグを組んで、開催したのですが、今回は、首都圏の人気店のご協力をいただいて、「首都圏の人気店の肉料理が百貨店でいっぺんに食べられる!」というコンセプトに大きく変更しました。

また、今回催事自体初めてのお店もあるので、お客様には、新鮮に感じていただけると思います。
ビールやワインコーナーもあるので、好きなお肉と一緒にイートスペースで食べられるのも魅力となっています。

 

どのくらいの年齢層の方を見込んでいるのでしょうか?

お肉とアジアをテーマとしているため、普段の催事場では比較的来場の少ない年齢層の20代から40代くらいのお客様に、たくさん来ていただきたいなというのが希望です。

 

神田さんおすすめの料理は何でしょうか?

いっぱいありすぎて、なかなか選ぶのが難しいのですが、お弁当で言ったら、人形町・「にくがとう」さんのウニ乗せ赤身特上焼肉弁当や丸ごとお肉を食べられるラムチョップですね。催事場で、丸ごとお肉を食べられるのは、なかなか珍しいケースなので、是非おすすめしたいですね。

 

20代から40代くらいのお客様は、食べることはもとより、SNS慣れしたお客様が多いと思いますが、そうしたお客様が目でも楽しめるインスタ映えするメニュ-はなんでしょうか?

大木屋さんのステーキサンドですね。

パンにぎっしりと詰め込まれた、ボリュームたっぷりの赤身のお肉がしっかり見えるので、シズル感が出ると思います。

あとは、飲めるハンバーグです。ラクレットチーズがトロっと溶けている様子を接写で撮ったら、インスタ映えすると思いますよ。

 

比較的回りやすい時間帯と楽しみ方などはありますか?

朝早く来店していただくと、昼時より比較的空いているため、ゆっくりたくさんのお店のメニューを楽しんでいただけることができます。

メニューは、お弁当中心ですが、ハンバーガーやステーキサンド、ラムチョップなど片手で食べられるものもあり、手軽にお店を回ることができますよ。
また、食後には、杏仁ソフトクリームやタピオカなどのデザートもあるので、是非食べていただきたいです。

そして、屋上でも食べていただけますので、お肉にお酒、デザートを楽しみながら、開放的な気分で過ごしていただけたらと思います。
もちろん、会場内の休憩スペースでも食べていただけますよ。



 

編集部が注目した肉メニュー&ビール

 

【東武限定品】長崎県 「佐世保 バーガービッグマン」肉肉バーガー

0627_IMG_0655

 

お店の方にお話を伺いました。

0627_IMG_0564

 

どんな料理なんでしょうか?

パンでハンバーグを挟むのではなく、ハンバーグとハンバーグの間に、チェダーチーズと長崎島原産の太陽卵に自家製ベーコンを挟んだハンバーガーです。

ひとつ150gのハンバーグでハンバーグを挟み、合計重量300gの厚みのあるハンバーガーとなっています。

 

お肉の味わいポイントは?

お肉をお肉で挟んでいるので、その厚みと味を楽しんでください。

 

このメニューのお客様へのメッセージ

今回しか食べられない限定商品ですので、是非ともこの肉肉バーガーを食べに来てください。

 

実際に食べさせていただきました。

食べると、肉汁と肉の厚みが口の中いっぱいに広がります。

間に卵やチェダーチーズ、ベーコンが入っていることにより、飽きることなくぺろりと食べられます。

ガッツリ肉を食べているという感じでした。

 

【東武限定品】人形町 「にくがとう」ウニ乗せ赤身特上赤身焼肉弁当

0627_IMG_0675

 

お店の方にお話を伺いました。

0627_IMG_0571

 

どんなお肉を使っているんでしょうか?

和牛の赤身を使っています。

 

お肉の味わいポイントは?

和牛の赤身を使っているため、通常の牛より味わい深いところがポイントです。

自家製のガーリックバター醤油を使うことで、さらに味わいをアップさせています。

ウニと肉とのマッチングを楽しんで頂きたいですね。

 

このメニューのお客様へのメッセージ

焼肉弁当は、たくさんありますが、お肉とたれが違うだけで味わい、満足度が変わってきます。
普通の焼肉弁当と違うところを目指して、工夫をこらしているので、「この焼き肉弁当、ちょっと他のところのとは違うな?」と感じて頂けたら幸せです。

 

実際に食べさせていただきました。

厚みのある肉にたっぷりと乗ったウニとガーリックバター醤油の風味がご飯によくマッチして、いくらでも食べられてしまいました。

食べたあとに、残るガーリックの風味も心地よかったです。

ウニ乗せは、毎日数量限定。
無くなり次第、その日は終了となってしまうため、早めに食べておきたいところです!

 

市ヶ谷「大木屋」ステーキサンド

0627_IMG_0660

 

お店の方にお話を伺いました。

0627_IMG_0631

 

どんな料理なんでしょうか?

お店で提供しているリブロースステーキをシンプルに味わっていただくために、サンドという形でケバブに使われるパンの中に、お肉を詰め込んでいます。

そして、食べやすいように、手軽に持ち歩きながら食べられるサイズにしています。

 

お肉の味わいポイントは?

よく噛んで、しっかりとお肉を味わってもらいたいです。

 

このメニューのお客様へのメッセージ

イベント限定商品のため、お店でも食べられないメニューです。

ぜひ、このイベント中に食べに来てください!

 

実際に食べさせていただきました。

肉の厚みがしっかり感じられ、噛めば噛むほど口の中で肉の味が広がっていきます。

ガーリックのカリカリ感も癖になります。

 

「ウィスク・イー」 ビール

0627_IMG_0626

 

お店の方にお話を伺いました。

0627_IMG_0613

 

こちらのビールの特徴は?

濃すぎずに優しくて飲みやすく、女性にも楽しんで頂けるようにグレープフルーツを使ったタイプのものや軽めのタイプのものがあります。

そして、パッケージのデザインの良さも魅力です。

当店のIPAという種類は、イギリス国内では、1位に選ばれるほど人気のクラフトビールです。

 

お肉に合うビールの種類は?

パンクIPAというビールが最適ですね。

ホップの華やかな香りと苦みが効いていて、お肉に合います。

飲んだ後のさっぱり感があるため、肉のこってり感を洗い流してくれます。

「食欲がわき、香りをかぐだけで、飲みたくなる、食べたくなるという相乗効果が期待できます。

 

実際に飲ませていただきました。

パンクIPAを実際に飲ませて頂きましたが、飲みやすさと、飲んだ後に来る、独特の苦みが癖になりそうです。

瓶で頂きましたが、やはりデザインが良く、飲む雰囲気を味わうこともできました。

瓶は、部屋に飾っておきたいなと思いました。

 

【催事場の様子】

0627_IMG_0630-Edit
会場後、いきなりこんなに行列ができるほどの盛り上がり。

 

0627_IMG_0595-Edit

人気商品の1つ、北海道産ラクレットチーズの飲めるハンバーグ(東武限定品)

 

0627_IMG_0603

アジアンフードコーナー・秋葉原「バーンチェン」のガパオライス
本場タイの味をどうぞ。

 

0627_IMG_0599

アジアンフードコーナー・タピオカチャヤムミルクティー
今ブームのタピオカも飲めます。

 

まとめ

「第2回 肉グルメ祭&アジアンフード」についてお伝えしてきました。
初日から会場は、盛り上がりを見せ、人気店の美味しいお肉を求める人で溢れ返っていました。
アジアンフードもあるので、様々な人に楽しんで頂けるのではないでしょうか?

美味しいお肉を食べたい。
だけど、本当に美味しいお肉の情報って、意外によく分からないと思っている方。
このイベントには、有名店の肉料理が一堂に集まっているので、是非足を運んで、お気に入りのメニューを探してみてはいかがでしょうか?

 

■タイトル:第2回 肉グルメ祭&アジアンフード
■開催日時:2019年6月27日(木)~7/2(火) 午前10:00~20:00
※最終日は18:00閉場
■開館場所:東武百貨店 池袋本店8F催事場
■ホームページ: http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/2219/

 

 

 

 

 

Top