爽やかな北欧テイストに癒される!東武百貨店「moz×ヨックモックコラボ」新作発表会レポート

0927_IMG_5250

東武百貨店 池袋本店 地下1階6番地のヨックモック店舗にオープンした“リフレッシュドリンク&スイーツスタンド”
くるっと巻いたクッキー「シガール」などで知られる洋菓子ブランド「ヨックモック」がスウェーデンのライフスタイルブランド moz sweden 」とコラボレーションし、昨年12月にオープン。北欧で親しまれているエルダーフラワーを取り入れたドリンク&スイーツや、ナチュラルな癒しの空間が忙しい女性たちを中心に人気を博しています。

今回、moz×ヨックモックコラボ商品の秋の新作発表&試食会が行われましたので、その様子をレポートいたします!

 

ボタニカルな癒しの空間

0927_IMG_5261

0927_IMG_5252

0927_IMG_5253

東武百貨店 池袋本店 地下1階6番地。鮮やかな「ヨックモックブルー」を基調にした店舗の一角に、数席のカフェスペースが設けられています。5人程度座れば満席の小さなスペースですが、可愛らしい植物や花に囲まれ、ナチュラルで清涼感のある空間になっています。



店頭にディスプレイされたアイテムのモチーフとなっているのは、「moz sweden」のブランドイメージとなっているエルク(ヘラジカ)。不器用で、人懐っこそうな可愛いエルクたちが、北欧らしい癒しの空間を演出しています。買い物で足早に通り過ぎるつもりでも、思わず惹きつけられてしまいますね。

 

秋の新作商品紹介

エルダーフラワーソーダ「ラ・フランス」(M:486円 L:530円(税込)

エルダーフラワーソーダ<ラ・フランス>

「ヨックモック」と「moz sweden」のコラボレーションによって実現した“リフレッシュドリンク&スイーツスタンド”その特徴のひとつが、北欧で親しまれているハーブの一種であるエルダーフラワーをメニューに取り入れているということです。

こちらは、2019年9月1日(日)より期間限定で発売されている『エルダーフラワーソーダ<ラ・フランス>』。爽やかな香りのエルダーフラワーシロップと、「果物の女王」ラ・フランスが出会って生まれた秋の新フレーバーです。

華やかなラ・フランスの香りとシャキシャキしたりんごの果肉の食感を口の中で堪能していると、どこかシャッキリと背筋が伸びるような心地がしてきます。エルダーフラワーはヨーロッパやアメリカでは昔から親しまれていた薬効の高い植物。風邪を緩和する効用もあるということで、季節の変わり目のこの時期にはピッタリですね。

また、エルダーフラワーソーダのフレーバーには春にはイチゴ、夏にはピーチ、冬にはゆずなど、四季折々の果実を使用して提供。また、夏季には「エルダーフラワーのかき氷」が販売されるなど、さまざまな商品にエルダーフラワーが取り入れられているようです。

 

0927_IMG_5344

また、試食会では2019年7月30日(火)から販売されている『オリーブ仕立てのフィナンシェ』に秋の新作“シナモン” “アールグレイ”を加えた4種(画像左下)、サクサクとした軽い食感が特徴の『ハッピーバトン』『ハッピームーン』(上)、濃厚なショコラにプチプチはじけるいちじくの食感がアクセントの『森の恵みのケーク いちじくショコラ』(右下)などが登場。

いずれも北欧ならではのボタニカルなフレーバーが特徴で、特に『森の恵みのケーク いちじくショコラ』は濃厚なショコラが醸し出すリッチさと、粒感のあるいちじくの果肉のナチュラルさ、素朴さが同時に感じられるのが印象的でした。

『森の恵みのケーク』は言葉通り、森の恵みを感じられるようなケーキ商品を制作していきたいということで、「いちじくショコラ」はその第一弾とのこと。これからの展開にも注目です。

 

大事なあの人へ贈りたい!ギフトにも大活躍

フィナンシェの包装紙は、広げるとランチョンマットに

フィナンシェの包装紙は、広げると可愛いランチョンマットに

 

「フィーカしませんか?」というスウェーデン語が書かれた小箱

「フィーカしませんか?」というスウェーデン語が書かれた小箱

 

オリジナル・トートバック。プリントではなく刺繍であることにこだわりが窺える

オリジナルトートバック。プリントではなく刺繍であることにこだわりが窺える

また、用途に合わせてさまざまなギフトパッケージが用意されているのも特徴。

例えば『オリーブ仕立てのフィナンシェ』は1本入りの包装紙が、開くとお皿とカトラリーが描かれたランチョンマットに!他にも、好きなフィナンシェ2本を選んでオリジナルボトル付きで贈ることができるもの、ホーローマグカップが付いたものなど、相手やシーンにあわせて多彩なチョイスを楽しめます。

大切な人のおやつタイムを演出する、さまざまな工夫。その根底には、パッケージを無駄なくリユースしようという、北欧ならではのエコの精神が宿っています。

 

美味しいお菓子と、「フィーカ」の時間

0927_IMG_5317

「フィーカ」という言葉をご存じでしょうか?
フィーカとは「コーヒーを飲むこと」という意味のスウェーデン語で、身近な人たちとコーヒーとお菓子を囲んで楽しむ団欒(だんらん)の時間のことです。

「スウェーデンは家で過ごす時間が長いからかもしれませんが、自分の時間を大切にする、そして身近な人とゆっくりフィーカを楽しむという文化があります。忙しい人が多い現代ですが、ここで体験してもらって、家でもやってみたいと思ってくれたら嬉しいですね。そういった家の中を彩ることができるような文化を、お菓子周りから発信していきたいなと思っています」

そう語ってくださったのは、今回の新商品の企画を担当した長谷部さん。

 

忙しいからこそ、一息ついて「フィーカ」の時間。
エルダーフラワーと彩り鮮やかなフルーツ、秋の恵みを生かした美味しいお菓子。
そして、可愛いエルクたちがあなたのことを待っています。

 


販売店舗:東武百貨店 池袋本店 地下1階6番地 ヨックモック店舗内

ヨックモック公式ホームページ

Top