赤ちゃんから入場OK!誰もが楽しめる音楽祭
東京芸術劇場にて「サラダ音楽祭」8月12(木)~13日(金)開催!

_A__0165(ぼかしあり)

東京都と東京都交響楽団(略称:都響)が、東京芸術劇場および豊島区との連携により、音楽・演劇の中心地である池袋エリアで2018年より開催している「TOKYO MET SaLaD MUSIC FESTIVAL 2021[サラダ音楽祭](トーキョー・メット・サラダ・ミュージック・フェスティバル2021)」。
サラダ=SaLaDの由来である「Sing and Listen and Dance~歌う!聴く!踊る!」をコンセプトに、東京都と東京都交響楽団が、東京芸術劇場及び豊島区と連携し、赤ちゃんから大人まで楽しめるフレッシュで多彩なプログラムを展開します!

 

 

多彩なゲスト&豪華ソリスト陣との共演!

 

吉野直子   (c) Akira Muto 4

吉野直子 (c) Akira Muto 4

 

小林厚子 (c)Yoshinobu Fukaya


小林厚子 (c)Yoshinobu Fukaya

都響音楽監督大野和士の指揮のもと、サラダ音楽祭のコンセプトを活かした「オーケストラ×歌×ダンス」が魅せる2つのコンサートプログラムを開催します。
毎年大好評の赤ちゃんから入場OK!の「OK!オーケストラ」にはダンサー・振付家の近藤良平と彼が率いる日本トップの人気を誇るダンス集団コンドルズが3年ぶりに登場。ジャンルを超えたコラボレーションにご注目ください!司会は小林顕作が担当します。

メインプログラムのフィナーレを飾る「音楽祭メインコンサート」には、昨年、圧倒的なパフォーマンスで観客を魅了した演出振付家の金森穣が率いる日本を代表するダンスカンパニーNoismCompany Niigata(ノイズム・カンパニー・ニイガタ)が再登場し、Noism副芸術監督井関佐和子とダンサーたちが深遠かつ優艶な舞踊を披露します。さらにハープ奏者の吉野直子、ソプラノの小林厚子という第一線で活躍する豪華ソリスト陣とオーケストラによる華麗なステージもお聴き逃しなく。

 

子どものためのオペラ『ゴールド!』がやってくる!

 

GOLD_2

2012年にオランダで初演されて以来、ヨーロッパ各地で上演されている本格的な子ども向けオペラを日本初演します。
ソプラノ歌手と打楽器奏者の2人が様々な役を演じ分け、グリム童話を題材とした不思議な世界へと子どもたちを誘います。途中には子どもたちが波を表現する場面もあり、観客と出演者が一緒に作品を創り上げる双方向・参加型の作品です。

 

開催概要

 

2021トマトの素材(トマトのみ)

 

①OK!オーケストラ~赤ちゃんから入場OK!

赤ちゃんが泣いてもOK!の大人から子どもまで楽しめるオーケストラコンサート
◆日時:8月12日(木)
❶11:00~12:00(10:00開場)
❷15:00~16:00(14:00開場)
◆会場:東京芸術劇場コンサートホール(豊島区西池袋1-8-1)

 

②音楽祭メインコンサート

クラシック音楽×ダンス! ダンスカンパニー「Noism Company Niigata」など多彩なゲストとの共演
◆日時:8月13日(金)15:00~17:00(14:00開場)
◆会場:東京芸術劇場コンサートホール(豊島区西池袋1-8-1)

 

③子どもためのオペラ『ゴールド!』~少年ヤーコプとふしぎな魚のものがたり(日本語上演/日本初演)

日本初演! ヨーロッパ各地で上演されている本格的な子ども向けオペラ
◆日時:8月12日(木)、13日(金)13:00~14:00(12:30開場)
◆会場:東京芸術劇場シアターイースト(豊島区西池袋1-8-1)

 

その他、多彩なプログラムが盛りだくさん!

オフィシャルサイト: https://salad-music-fes.com/

 

Top