新型コロナウィルスにより、上映の自粛を余儀なくされた映画を一挙再上映!「COME BACK映画祭―コロナ禍で影響を受けた映画たちー」が12/4より開催!

main

 

コロナ禍で影響を受けた様々な映画が集結!ジャンルレスに映画を楽しむことができる16日間をお届けします!

新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言、まん延防止重点対応の映画館休業・時短営業要請により、十分な配給や興行ができなかった映画を集めて再上映する「COME BACK映画祭―コロナ禍で影響を受けた映画たちー」が、12月4日(土)から19日(日)までの16日間、池袋のMixalive TOKYO地下2階のHall Mixa(144席)で開催されることとなりました。



この映画祭は、文化庁の文化芸術活動支援事業「ARTS for the future!」の一環として行われます。主催はCOME BACK映画祭実行委員会(実行委員長 佐々木伸一)、事務局を株式会社ムービーウォーカーが担当し、一般社団法人日本映画製作者連盟(映連)、社団法人外国映画輸入配給協会(外配協)、全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)の後援を得て実施されます。

 

main

 

上映される映画は全部で59本。コロナ禍を理由として、①上映中止となった作品、②上映が中断された作品、③座席制限などで十分な配給・興行ができなかった作品、④コロナ禍において撮影に支障をきたし、完成が遅延した作品、のいずれかに該当する映画を一挙に上映します。あの大作や有名監督の知られざる1本、映画好きにはたまらない良作、今もっとも勢いのある韓国映画からのピックアップムービー、映画史に残る名作のレストア版、愛と人生を楽しむ珠玉のフランス映画、さらにはサスペンス、ドキュメンタリー、世界の新旧アニメーション映画まで、ジャンルレスに映画を楽しむことができる16日間です。誰もが知っているあの名作から、なかなかお目にかかれない掘り出しものまで、宝探しのような映画体験をお届けします。

 

<「ARTS for the future!」事業とは>
新型コロナウィルスにより、文化芸術活動の自粛を余儀なくされた文化芸術関係団体において、感染対策を十分に実施した上で、積極的に公演等を開催し、文化芸術振興の幅広い担い手を巻き込みつつ、「新たな日常」ウイズコロナ時代における新しい文化芸術活動のイノベーションを図るとともに、活動の持続可能性の強化に資する取り組みを支援する事業です。(文化庁サイトより)
URL:https://aff.bunka.go.jp/

 

【COME BACK映画祭―コロナ禍で影響を受けた映画たちー】
■開催期間 2021年12月4日(土)~2021年12月19日(日)
■開催会場 Hall Mixa(Mixalive TOKYO地下2階)
■会場席数 144席
■販売価格 全作品700円(税込)/全席自由席

■販売場所
【インターネット】ローチケWEB  https://l-tike.com/comeback-movie-festival
【コンビニ】ローソン・ミニストップ店舗内のLoppi
【当日券】各回20 枚限定/各公演開場時刻より、会場Hall Mixa 受付にて販売
※当日券は諸般の事情により販売しない場合がございます。ご了承ください
※未就学児のお客様はご入場できません。ご了承ください。

■販売期間
12/1(水)10時~販売開始 12/4(土)~10(金)公演分
12/6(月)10時~販売開始 12/11(土)~19(日)公演分
※ローチケWEBで予約購入の場合は、開演の3時間前まで販売いたします。
※Loppiで購入の場合は開演時刻まで販売いたします。

■「COME BACK映画祭」ご参考
【公式サイトTOP】 https://comeback-movie-festival.jp

 

 

Top