豊島区がロゴアンケートを実施、東アジア文化都市に向けて

A案

豊島区は、2019年国内都市に決定した「東アジア文化都市」のシンボルとなるロゴアンケートを、2018年6月1日~7月10日まで実施します。
 
「東アジア文化都市」は、日中韓文化大臣会合での合意に基づき、日本・中国・韓国の3か国において、文化芸術による発展を目指す都市を選定するもの。2014年から毎年開催されています。選定された都市では、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等が実施されます。
 
横浜市、新潟市、奈良市、京都市、金沢市に続き、豊島区は6番目の国内都市として決定しており、2018年に開催される日中韓文化大臣会合において、中国・韓国から提案される代表都市とともに正式に決定される予定です。
 
ロゴアンケート候補は、ふくろうをモチーフにしたA案とC案、TOSHIMAの「T」を組紐のように表したB案の3つ。区内在住者に限らず、公式WEBサイトのほか豊島区役所などの区施設各所で誰でも投票できます。
 
アンケート実施に伴い区の担当者は「できるだけ多くの人に投票いただき、オールとしまで東アジア文化都市を盛り上げていきたい」と話しています。



 

A案

A案

B案

B案

C案

C案

Top